入会案内
 一般社団法人浜松市薬剤師会は、浜松市内に在住または勤務する薬剤師、あるいは薬事に関係する者584名の会員(H25.4月現在)により構成されています。薬学、薬業の進歩発展、社会福祉、公衆衛生の普及、会員相互の資質向上、連携強化などの目的をもって運営しています。これから医療の一翼を担おうとする、薬剤師のみなさんのご入会を心からお待ちしております。

活動内容
 県西部浜松医療センターに近接して、医薬分業推進支援センター浜松を運営し(職員24名)、処方せん調剤、会員への調剤用医薬品の分譲、一般の方向けの「くすり相談室」、会員薬局への情報提供、薬剤師・薬学生対象の研修などの事業を行っています。
 また、浜松環境衛生研究所を運営し(職員22名)、食品・医薬品・飲料水・廃水などの検査業務により、浜松市民の衛生、生活環境の保全に大きく寄与しています。
 これらの事業と合わせ、医師会、歯科医師会との連携によるいわゆる三師会の絆は強く、行政との協調関係も円滑で、浜松市民の保健・医療・福祉の発展のために他地域の範となる活発な公益活動を展開しています。

会員になると…
◆公益活動

 ○ お薬の出前講座や薬物乱用防止啓発活動など「顔の見える薬剤師」として地域住民に対する重要な保健・医療知識の普及、啓蒙活動に参加することができます。
 ○ 学校薬剤師として学校における環境衛生活動へ参加することができます。
 ○ 薬剤師職能・薬局機能の充実強化、医療制度・医療保険問題への対応などを目的とし、各種委員会にて活動することができます。
 ○ 浜松市夜間救急室にて地域の救急医療に参加することができます。
◆情報提供サービス
 ○ 刊行物の無料配布:静岡県薬剤師会会報、浜松市薬剤師会報、日本薬剤師会雑誌が送付されます。
 ○ 薬事関係の法令改正や運用など、国・県関係官庁からの通達、指導などの情報が速やかに伝達されます。
 ○ 医薬品情報管理(DI)センターにて医薬品等に関する問い合わせをお受けします。
◆研修会
 ○ 当会ならびに県薬主催の講習会、講演会、学術大会、各種研修会へ参加できます。
 ○ 調剤報酬、医療保険制度に関する説明会・研修会へ参加できます。

◆薬剤師認定制度
 ○ 薬剤師は薬の専門家として日々変化する環境に対応して職責を果たすために、生涯を通じて継続して学習する必要性が求められています。当会ではこれらの認定制度へ積極的に参加し、会員をサポートしています。
◆薬剤師国民健康保険組合
 ○ 薬局もしくは医薬品販売業を経営する方とその事業所に勤務する薬剤師、従業員の方の加入ができます。
◆薬剤師賠償責任保険・年金・融資
 ○ 調剤過誤対応の薬剤師賠償責任保険に加入できます。
 ○ 日本薬剤師会薬剤師年金(老齢年金)や薬剤師国民年金基金(公的年金)への加入や、薬局ローン(設備資金・運転資金)の申し込みができます。
◆医薬品の購入・送付、斡旋書籍などの購入
 ○ 医薬品備蓄センターにて、汎用される医薬品を薬価にて分割購入できます。また、各薬局へ購入された医薬品の配送を行っております。
 ○ 薬事関係各種参考図書、斡旋書籍を会員価格で購入できます。
◆顧問弁護士の紹介
 ○ 法律相談等で顧問弁護士へのご紹介ができます。
◆情報発信サービス
 ○ 薬局情報(名称・所在地等)を当会ホームページや当会作成の薬局マップへ掲載することができます。
 ○ 当会ホームページへ求人情報を掲載することができます。

入会の手続き
入会申込書をご提出していただき、理事会での承認を経て、入会成立となります。

≪入会金≫

種別

種別業態

金額

A会員

薬局などの開設者・管理薬剤師

県薬  100,000円  市薬  300,000円
計   400,000円

B会員

薬局などの勤務薬剤師

市薬  20,000円


≪会 費≫

種別

種別業態

金額(年額)

A会員

薬局などの開設者・管理薬剤師

日薬 18,000円 県薬 45,000円
市薬 36,000円   計 99,000円

B会員

薬局などの勤務薬剤師

日薬  7,000円 県薬 15,000円
市薬  12,000円   計 34,000円

A会員と同一薬局の家族の薬剤師

日薬  7,000円 県薬 15,000円
市薬   6,000円    計 28,000円


★管理薬剤師変更の場合、変更手数料が20,000円かかります。
★入会後、浜松市夜間救急室にて調剤業務の研修をしていただきます。


 
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2014 一般社団法人浜松市薬剤師会. All Rights Reserved.