• 書類一覧(薬剤師専用)
  •  
     
     
    学校薬剤師活動
    学校薬剤師について

    学校保健安全法(第16条)により、学校には
    学校薬剤師を置く事となっている。
    職務には環境衛生検査があり、
    「学校環境衛生の基準」に基づき、
    活動・検査を実施する。
    従事中は学校の非常勤職員であり、
    活動状況を「学校薬剤師執務記録」として
    校長に提出する。

    研修会は、年5回開催し、
    「学校環境衛生の基準」の解説及び
    タイムリーな情報提供を行う 。



    薬学講座
    薬学講座は、小学校、中学校、高等学校全校を
    対象に実施する。

    薬の正しい使い方、酒・タバコの害、シンナー・麻薬・覚せい剤の危険性などについて講義を行う。
     
      
     
     
     
     
     
     


    飲料水の管理
    飲料水の水質検査は高置水槽ごとに
    年1回実施する。
    (1校あたり 1〜4箇所)
    井戸水等を使用している学校については、
    毎月1回の検査を行う。
     
     
     
     
     
     
     




    水泳プールの管理
    プール水の水質検査は、児童生徒がプールを
    使用している時に実施する。
    また、腰洗槽の残留塩素濃度を測定する。




     
     
     
     




    学校給食の食品衛生
    給食施設の点検を行う。
    (第1票は年1回、第2票は学期ごと)
    給食材料の細菌検査及び給食室のふきとり検査を実施する。












    教室等の空気
    ホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物の
    検査は、夏休み中に窓等を閉めた状態で
    実施する。
    ダニ又はダニアレルゲンの検査は、夏季に行う。



     
     
     
     




    照度及び照度環境
    教室(黒板、机上)及びパソコン教室(ディスプレイ、
    キーボード上)の照度を測定する。














    教室等の空気
    教室内の二酸化炭素濃度の測定は、
    検知管式ガス測定器を使用して実施する。

     
     
     
     
     
     
     
    Copyright (C) 2014 一般社団法人浜松市薬剤師会. All Rights Reserved.